AMHと卵巣年齢

抗ミューラー管ホルモンのことを、AMHといいます。卵巣の中の前胞状卵胞にある顆粒膜細胞で作られて分泌されているのが、AMHといわれるホルモンです。AMHを見ることによって、卵巣年齢をある程度把握することが出来るようになっています。

 

産婦人科では、AMHの数値を見て、排卵誘発をしていくべきかとか、妊娠をするべきかどうかなどを判断したりすることも多いです。

 

先ほども言いましたが、このAMHは卵巣の中の前胞状卵胞にある顆粒膜細胞のホルモンになっていますから、このAMHの数値が高くなっているのであれば、前胞状卵胞が多くなっていると考えることが出来ます。

 

前胞状卵胞がたくさんあるほうがAMHも高くなることになるため、妊娠しやすいと判断することが出来るのですが、反対にAMHが低いということは前胞状卵胞が少ないということになりますので、妊娠しづらいと考えている医師も少なからずいます。

 

しかし、全卵胞がAMHを分泌しているというわけではありません。あくまでも前胞状卵胞にある顆粒膜細胞のホルモンになっていますので、AMHは指標の一つだと考えるようにしてください。

 

原始卵胞というのは、成熟卵胞になるまでに、一次卵胞、二次卵胞、前胞状卵胞、胞状卵胞といういくつものプロセスが存在しています。ですので、最後の成熟卵胞によって、卵子が排卵されるまでの間にかかる期間は120日を超えます。

 

AMHを分泌している胞状卵胞と前胞状卵胞になるまでに、原始卵胞や一次卵胞、二次卵胞のプロセスを踏まなくてはなりません。ですので、AMHが高くなっているのであれば、まだAMHを分泌するに至っていない卵胞もたくさんあると考えることが出来ます。反対に、AMHの数値が低くなっているのであれば、AMHを分泌するに至らない卵胞の数も限られているといえます。そのため、卵巣年齢をある程度判断することが出来るようになっているのです。