トップページ > 酵素は便秘や宿便の解消に役立つ

酵素は便秘や宿便の解消に役立つ

食べすぎによって起こるのが、消化酵素の不足です。食べたものをしっかり消化するために必要な酵素が足りないのですから、肥満にもつながれば便秘にもなってしまいます。

 

たくさん食べるだけでなく、早食いなども消化酵素が不足してしまう原因の一つです。よく噛んでゆっくり食べることで消化酵素が働いてくるため、食事はスピードが命という人は気をつけましょう。

 

腸内にガスが充満
消化酵素が減ってくると、腸内にガスがたまってきます。これは悪玉菌が増えてしまうからで、なぜ悪玉菌が増えるのかは食べすぎに他なりません。体が必要としている以上のものを食べてしまうので、消化が間に合わず悪玉菌を増加させるのです。

 

悪玉菌は腸内に必要な存在ではあるのですが、たくさん増えると悪さをし始めます。有毒なガスを発生させて全身にめぐらせ、体臭や口臭を発生させるのも悪玉菌が増えるからです。

 

善玉菌の減少
悪玉菌が増えすぎると、腸内の善玉菌が減ってしまいます。腸内での善玉菌と悪玉菌のバランスは非常に重要で、健康な腸を保つには常に善玉菌が悪玉菌より優位に立っていなければなりません。そのバランスがくずれるため、不要な物質が体外に排出されなくなり、果てには血液に乗って老廃物が全身にまわってしまいます。

 

それが脂肪となって、太る素へと変身することもあるのです。便秘を解消するためには、水分や食物繊維も必要ですが、消化がうまくいくように酵素を十分な量とっておくことが必要です。年齢によって減少してくる酵素ですから、酵素を含んだ食事や酵素ドリンクなどで積極的に補うことが大切です。