トップページ > AMHと体外受精について

AMHと体外受精について

これまでAMHに関するお話をしてきました。卵子の質がいいかどうかによって、体外受精の成功率にも大きく影響を与えることになります。

 

子宮内で精子と卵子が結びついていないとしても、体の外で受精をさせて、受精卵が成長したら子宮に戻すことによって妊娠しやすくすることが出来ます。

 

体外受精の場合、大量の卵胞を摘出しなくても大丈夫です。ですので、卵巣にかかる負担も明るくすることが出来ます。体外受精で重要になるのは、順調に成長する可能性がある卵子かどうかなのです。そのため、採卵をしていかなくてはならないですし、どれくらいの周期で治療をしていくのかを考えてかなくてはなりません。ですので、しっかり医師と相談をしていく必要があります。

 

AMHの数値を見ながら、卵巣や卵胞の状態を見ながら、良い質の卵子を見つけ出すためにどのようにすればいいのかを考えている産婦人科を見つけるようにしましょう。

 

AMHだけではなく、FSHの数値も見ているのですが、ストイックカウフマン療法やピルの投与をして、前周期の卵巣の状態をリセットして、AMHの数値を見ていきます。そして、AMHの素地を見て、エストロゲンやドラッグフリー、フェマーラ周期などといった治療法の中で、どの治療法を行っていくのかを決めていきます。

 

そして、採卵周期になったときのAMHの数値を見て、生理8日目以降にどの治療法で行っていくのかを決めることになります。