トップページ > AMHの数値が低すぎても妊娠する可能性はあります

AMHの数値が低すぎても妊娠する可能性はあります

AMHを測定した結果、ほとんどゼロの状態になっていたとしても、全然AMHを分泌することが出来ていないというわけではありません。ですから、まったく卵胞が存在していないというわけではないのです。AMHが非常に低くなってしまっているとしても、そこで諦めないようにしましょう。

 

確かに、AMHの数値が非常に低くなってしまっているということは、卵胞の数が少ないということになりますので、妊娠しづらくなると考えていいでしょう。ですが、AMHを分泌するのは前胞状卵胞だけです。ですので、AMHの数値が出ているのであれば、卵胞は存在しているということになります。

 

まだ卵胞が成長していないだけで、今後卵胞が成長していき、AMHを分筆するようになってくる可能性は十分に考えられるのです。ですので、AMHがほとんどゼロの状態になっていたとしても、今後AMHの数値が増えていく可能性もあるのです。

 

不妊治療をしていく場合、前周期のAMHがどれくらいの数値になるのかというのはとても重要になります。卵胞の数が多くなるほど、AMHの数値も高くなっていくことになります。そして、卵胞が多くなるほど、排卵される可能性も高くなると考えることが出来ます。

 

反対に卵胞の数が少なくなっていると、排卵をする可能性もそれだけ低くなってしまいます。ですので、不妊治療をしていたとしても、排卵をすることが出来ないというケースも考えておかなくてはならないでしょう。

 

不妊治療をしていく場合、患者さんのAMHの数値を見ながら、その人に適している方法で不妊治療をしたり、相性が良さそうな排卵誘発剤を投与していくことになるのです。