トップページ > 自転車のリサイクル方法とは?

自転車のリサイクル方法とは?

2005年1月1日より施行された自動車リサイクル法によると、自動車の所有者に対し、自動車リサイクル料金を支払うことが義務付けられています。新車の場合は当然購入時に支払わなければなりませんが、中古車の場合は異なります。

 

また、リサイクル料金を預託済みの車であるかどうかによって支払時期が異なってきます。リサイクル料金を預託済みであれば、当然購入時に支払う義務が発生します。しかし、未預託であれば、廃車時に支払う必要があります。

 

リサイクル料金に関しては一律ではありません。中古車の車種やグレードによって変動します。10、000円?20、000円程度が相場ですが、個人でエアコンを搭載したりすると、廃車時に追加料金が求められることがあります。

 

また、中古車のうちリサイクル料金が支払い済みである場合、通常リサイクル券が発行されます。リサイクル券を紛失しないよう、自動車検査証等と一緒に保管しておくようにしましょう。

 

続いて、実際に中古車を購入する際の注意点です。必ずしも車両本体価格にリサイクル料金が含まれているとは限りません。したがって、リサイクル料金に関する表示にはしっかりと目を通すようにしましょう。車両本体価格に関しては、特に支払いが強制されないケースがあることを頭によく入れておきましょう。

 

ちなみに、リサイクル料金というのは「リサイクル料金」「情報管理料金」「資金管理料金」により構成されたものになります。

 

これら3つのうち資金管理料金というのは、初回にリサイクル料金を支払う人のみに課せられるものです。
自動車リサイクル料金に関して疑問点がある場合には、財団法人自動車リサイクル促進センターや販売店に問い合わせるようにしましょう。